FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

矢印も生きている

人間の持つ楽しみは、小さなものの中へ入り込んでゆきます。大きいもの、長い距離、それが人間を幸せにしてくれます。
それと踊りと舞と遊戯というものを取り戻す事です。直線であると物は折れてしまいます。少しの小さい楽しみだけの中で生きている人間にとって、それ以外にどんな楽しみがあるのか、余り考えてもみません。

自然に眼を移して下さい。花も星もきれいです。しかしもっときれいなものが至る所にあります。まだ人が全然気付いていない神話性とか詩とかいうものがあります。

1+1=2になります。2-2=0になります。これを不思議とも、面白いとも、神秘とも思えない人間になっているのです。この中に詩があり、神話があると誰も気付いていません。

矢印一つでも詩であり神話なのです。生きものなのです。人間は生きて動いているものだけを生き物と思っています。
石ころでも、花でも、矢印でも1とか2とかいう数字でも、皆生きているのです。
下の矢印を見て下さい。

img068.jpg

矢印が皆さんに挨拶をしているのです。
今までこういう事の分った人はほとんどいないのです。
スポンサーサイト



| エッセイ | 21:50 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT