FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春の衣

音もなく 汝は来る
裳裾をなびかせて来る
汝 待ち侘びているそのものに
音もなく 汝は来る 春

万花 咲き乱れている中に
音もなく 一足 一足
一足ごとに 全てを喜ばし
或いは急に 或いは緩く
汝は来る

舞いつつ 汝は来る
落花の嵐のなかを
くぐりつつ 汝は来る
音もなく来る

花々 草々の一つ一つの顔を覗きつつ
汝は 足音静かに近づく

「開いたかね 花々さんよ」と挨拶を贈りつつ
頭をさすり 花弁に頬ずりしつつ彼女は過ぎ去る

裳裾で全てを触れてゆく
春姫は行く
春姫は初夏の許に

1967.04.07.
スポンサーサイト



| 1967年 | 10:56 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT