FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

反撥する時のお前の顔を見ろ

生きる事と 死ぬ事が同時に
設定されているのだ
アメリカ流は生きる事でもあったし
アジアは死ぬ事でもあったかのようだ

だが自由の中にも 死が設定されて
いなければならない
しかし 死ばかりでも息づまる

人間には一つの組織が必要であり
必然的にそうなる
即ち 自己の主張可能の範囲と
他に従わねばならぬ範囲とが必要である

組織内では自由に泳げるが
命令には従わねばならぬ
軍隊においても
会社においても
――その命令に従えない者は
そのグループから出るより仕方がない

長の命令に従わない者は自己を失う
如何なる正しそうな理由があっても

そこで人間の幸せにとって 最も
大切な事がある
自由か死かのいずれでもなく
ここにピュアーの道というのがある
自己が消えた中から 現われてくる
大自由である
そこには死でもなく 自由でもない
遊びが 待ちかまえている

遊びを人間はわすれては人間でなくなる
遊び 波動 曲線 A点だ
直線の世界から離れよ

天子や天女には 直線がない
ピュアーだ!

反撥する時のお前の顔を見ろ
まるでオニだ
直線のオニだ
直線は人を殺してしまう

曲線 曲線 波動
細かい光速のかかった波動
回転する世界で助かれ
背骨の中での回転軸を忘れるな
いかなる直線もそこではやってこれない

直線の世界は 人間の頭の中にある
頭でなしに 体で体の波動を変えてゆけ
物理学的 幾何学的な純粋な世界に 入れ
知情意の世界では ぶつかり合いしか起きない
その顔は頭に 血がのぼっている顔だ

1977.08.25.
スポンサーサイト

| 1977年 | 00:25 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT