FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピュアーの一人舞台

ピュアーが踊る
ピュアーが踊る
ピュアーの一人舞台だ

ピュアーが踊る
ピュアーが踊る
ピュアーの一人舞台だ
ピユアーの一人舞台以外には何もない

ピュアー……星の彼方に そのピュアーがある
やはり光速以上のものが
取り扱われなければならない

頭で何やかやと 考えて見つけ出すな
見つけ出したところで
それらは 間接直感の品物にすぎない
ニュートンのユークリッド幾何学の
範囲を超えない

哲学思考も アメリカの「人間」であるも
更にそれから 星の彼方
光速の彼方 宇宙の彼方
ピュアーのみに 意識を
集中させねばならない

ピュアーはそれだ
お前の求めているすべてだ
そして それは
お前のまわり いたる所にある
ピュアー以外には 何物も
この世に 存在していない

お前たちの 見ているものは 
お前たちでこしらえた幻だけだ
それを とらえて
これはどうの あれはどうのと言っている
 
お前たちの 見ているものと
考えているものは 全て 
頭で考え 頭でつくったものだ
そこには 善と悪とが 存在するのだ

お前達のつくった物と
はじめから ある物と
見極めよ
それには 考えをやめて
天のピュアーにまず意識を向けよ
ピュアーは お前たちのものとなる

踊りが始まる
ピュアーの大洪水に
お前は 狂いまくるであろう

1977.11.19.
スポンサーサイト



| 1977年 | 10:48 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT