FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レンゲ草つみ

私は心が爽快で外に出てから 
山の頂きに登りたかった
もう一つ 田んぼに入って
レンゲ草を摘みたかった

タクール(ラーマクリシュナ)に供える首輪を
作る為に
まず田んぼに入ってレンゲを摘んだ

摘みながら 私はすぐ無時間の世界に
意識が入ってしまって
涙が涙が出てきて 
泣けて泣けてしようがなくなった

私のまわりの者たちが
私たちも連れて行って下さいねとすがる

私は頷く 
連れてゆけます 連れてゆけます
一緒に無時間の世界へ

運転手は一人 車掌が一人 お客が乗ってさあゆこう
私が連れてゆく無時間の世界へ

タクールはレンゲで囲まれて 華やか うれしそう
犬の首輪にも一つレンゲをさしてやった
一つを口にたべさして

1966.04.23.
スポンサーサイト



| 1966年 | 19:40 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT