FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

詩と神話の関係が分って来た(1)

詩と神話が どう違うのだろうか
これを追跡するもなかなか分らない

何日も 何日も 何時間も 何時間も 
何ケ月も 何ケ月も 何年も 何年も
この作業を続けて来たがなかなか分らない

詩には根源的な詩と 現われとしての詩がある
神話にも根源的な神話がある

現われとしての詩を見る時 それには動きがない
しかし 現われとしての神話には動きがある
しかもそこに遊びがある

遊びと 詩と 神話は根源的に関係し合っている
だが 現われとしての神話の中にある遊びと 
現われとしての詩の中にある遊びと 違うものがある
詩の中にある遊びの方が もっと根源的である

世の中の人々は詩とか 神話とかを簡単に口にするが
本当に 詩と神話を理解していない

今までに 神話を真に理解した人にハイネがいる
ハイネは 神話的物語と「神話」との区別が出来た
しかも彼はその「神話の高み」にまで登っていった

だがここで詩についても もっと考えられねばならない
詩とは 文として書いたもの
それを詩ととらえている人が多い
それは人間の言語となったものだ

「詩」は人間の知性を借りなくても
いたる所にそれはある

そのように神話も 人間の知性や言語のやっかいに
ならなくともそれはあるのである

ところで その詩と神話との関係がまだ
はっきりつかめてこない

言語の世界に入ると
詩と神話は 全然違うものである
だから根本的にも 詩と神話は違う性質をもち
違う構造をもっている

まだ まだ 
これがはっきり分るまでには
長い長い時間がかかるだろう

1989.11.27.
スポンサーサイト



| 1989年 | 10:26 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT