FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

声にころがれ

爆発 爆発
透明なる爆発
距離なる爆発
透明なる爆発

小さい事は考えるな
小さいと 小さい事を考えたり
言ったりする
神なる名称を考え出したのも
小さいからだ
不動 不動 不動そのもの
統一そのものとなれ

土に転がり 空気に転がり
自分の声に転がれ
そこは絶対への入口である
循環 循環 循環させるのである

透明に 透明なる声に転がれ
歌うのだ 歌うのだ
その歌う声に 意識を集めて転がれ

歌う声から「転がる」を出せ

1993.11.22.

| 1993年 | 09:05 | TOP↑

≫ EDIT

親を大切に

親を大切にしなさい
子供を大切にしなさい
人間を大切にしなさい

国を 社会を 世界を大切にしなさい
空気を 水を 土を大切にしなさい
地球を 生物を大切にしなさい

お金を 経済を 会社を大切にしなさい
働いている職場と 仕事を大切にしなさい
身のまわりも 家も 部屋も清潔にしなさい

山も 海も 土地も 大切にしなさい
地球をきれいな住み家としよう

人を殺したり 人をさらったり
山や 家に火をつけるような
バカげた事は 絶対にしてはならない
国家が教育費を減らす事も これ等と同じ位バカげた事である

1993.11.01.

LAに起きた山火事の時に書く
これはインドでストライキにひっかかり 
身動きの出来なかった時に書いた「ピュアー文明の曙」という
直感詩と同じ種類のものである 
簡単だが意味深く 人はこれを守れば多くの説教はいらない程
世界と人が治まって来るベーシックのものである

| 1993年 | 13:31 | TOP↑

≫ EDIT

ハーダーの見たインド

ハーダは当時のヨーロッパ文明は間違っていると指摘した
彼はインド文献を手当たり次第手に入れた
ヴァガバッド・ギータもウパニシャッドも読んだ
しかし ハーダの一番気に入ったのは「シャクンタラ」であった

ハーダはその中からインドの心を嗅ぎ取った
これをヨーロッパに 持ってくるべきだと強調した
彼の影響を受けたゲーテもそのシャクンタラを絶賛している

シャクンタラの心
それはソフトで 甘く 平和で自然と共にあった
人は自然から 機械技術文明へと転落しすぎている
自然を受け入れ 宇宙に統一することを全然忘れている
そうする手掛かりさえ見つけられない

それをハーダもゲーテもインドから学んだ
インドは汚い 不潔な国だというが
それは人口の過密と 政治の貧困から来ている

インドの汚い不潔などを人は見て インドの良い所を見ない
インドには土に転がり空気に転がる 素晴らしい宝がある
その心は世界人類の宝である

リグ・ヴェーダ時代の人々は 自己の声の響きを聞いた
自己の歌声に耳をかたむけた
そのバイブレーションを聞き取ったのである

それは自己の声に転がることである
その習慣が今も インドの田舎
アジメールあたりの賤民の部落の中に残っている
自己の声 自己の歌声に転がることの出来る人々なのである

その響の中には宇宙の透明な爆発と 
透明な不動がある

ローマのパンテオンの 丸天井のてっぺんに空いている
直径30フィートの空洞は
その響を物語っている
アメリカのトーマスジェファーソンは その心の秘密を知った

彼は自分の家を そのパンテオンに似せて建てた
また彼が造った大学の講堂も パンテオン流に建てている

転がること 宇宙に転がること
ここに 宗教の最奥の秘伝があり
人間生活のすべての秘訣が そこに隠されている

1993.10.06.

| 1993年 | 11:32 | TOP↑

≫ EDIT

昔のインドのすばらしさ

現代社会のあり方
社会と人間の精神のあり方
それらは ほとんど間違っている
まちがったまま進んでいる

このまま行けば 奈落の底が待っているだけだ
インドを見よ インドに学べ
インドの昔からあるものに帰れ

ドイツのハーダーや ハーダーに影響を受けたゲーテを見よ
彼等はインドをこよなく愛した
彼等はそこに何を見たのか

世界最上の国と 彼等の心を魅了したものは何だったのか
それはカーリダーサの「シャクンタラ」であった

「シャクンタラ」を読んだ彼等はそれに夢中になった
バガヴァッド・ギータよりも「シャクンタラ」
「シャクンタラ」「シャクンタラ」と彼等は夢中になった

そこに神と人間の社会を見たのである
甘くやさしいインド文化に彼等は
魂の古里を見出したのである

そのインドとインド人
どういうインドとインド人が彼等をして
「インドは最高の国」と言わしめたのか

私はそれを探った
そして分った事がある
それは「土」であった
「土」の中に転がり回れるインドの人であった

土は彼等にとって 野菜を作る為の道具ではなかった
現代の人間は「土」は野菜を作り 
経済に変える道具にすぎない
だがインド人は 人間が「土」の中に転がり回れる相手
そのものだったのである

「土」にころがれる者は「空気」の中にも転がり回れる
人よ 土の中で転がり回れ 空気の中で転がり回れ
「その」富がそこにある

「その」富がまた自己の中にもある
自己そのものもそれだ
土の中にも 空気の中にもそれがある

自分の声の中にもそれがある
声そのものが「それ」である

自己の声の「それ」に酔いしれよ
これが人間にとっての天井の空洞である
知的な力を抜いて 自己の神性に転がれ

社会の夢が 未来が 時間が
空間が見えてくる

1993.10.06.

| 1993年 | 11:10 | TOP↑

≫ EDIT

天井の空洞

パンテオン
パンテオンは古代ローマ帝政時代の唯一のものである
2000年の年月に耐えて 今も完全に残っている

その秘訣 その秘密
それは円天井の上が 空洞になっていることである
空洞というより ポカッとあなが開いているのである

世界最大のこの円天井の建物はこの空洞があるから 
建物が壊れないという
政治にも 社会組織にもこの構造が必要なのである
人もそうだ この力をぬいた空洞をもとう
パンテオンのような人間になろう
そんな社会をつくろう

力をぬいて 自然を仰ぎ 自然を受け入れ
すべての物と一つになる有機的存在となろう
神話の中に泳いでいって太古の神聖な知を汲み取ろう

子供のように 母なる自然と
有機的な生命の共同体的営みを復活させよう
そこに 歌と舞と語らいがある

トーマスジェファーソンの建てた建物にも 
その空洞があるのだ

1993.09.25.

| 1993年 | 11:32 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT