FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宇宙は笑っている

宇宙は笑っている
宇宙は笑っている
歌はそこから出てくる
それが歌だ それが神話だ

宇宙は笑っている
その宇宙に意識を向けよう
曲線が 曲線が出てくる

時間も空間も笑っている
光子も笑っている
光子は電子から現われ 電子の中に消えていく
それは遊びだ

消えた世界
消えた世界に消えていく
そして出てくる
それが遊びだ そこに神話がある
「現われ」としての神話がある

透明な遊び 透明な笑い 透明な角度
その中に天使達も 人達も遊びにくる
光子 電子 時間 空間も遊びにくる

笑いながら 歌いながら
宇宙は駆け巡っている

1987.08.22.

| 1987年 | 16:52 | TOP↑

≫ EDIT

線 線 
透明なる線こそ我なり

線 線
透明なる線こそ我なり

線 線 
線は宇宙を織り成す

角度は線であり
線は角度である

神話は線で造られ
線は神話を造る
神話は幾何学そのものである

1987.06.10.

| 1987年 | 00:12 | TOP↑

≫ EDIT

アンリアルの世界

「リアル」「アンリアル」
人間の織り成している世界 
人間の織り成している舞台
これを「リアル」の世界という

宇宙空間や自然が「アンリアル」の世界である
その世界は半導体的であり神話的である

人間のつくった世界は 神的な世界ではなくて
ぎこちない間違い多い世界である
その世界が如実に 我々にせまってくるのである
その舞台で自分たちは 現に動き かつ働いているのである
そこには行き詰まりしかない
それが現実である 「リアル」である

だが我々はその世界から抜け出て
人間以外の全てのものが生きている舞台に帰らねばならない
「アンリアル」な世界に
そこには「神」が住み「神々」「天使たち」「精」たちが
住んでいる
透明なもの 半導体的なもの
微笑み ワシの翼の一線が我々を待っている

消えた構図 
幾何学的世界がそこに展開する
ピュアーなバイブレーションの世界 
構図なき構図の世界

光速と距離の乗り物にのって それらを駆け巡れ
背中の神経が震え
直視の世界が拡がって来る

星が歌い 透明な喜びが上品に波うっている世界
そこに帰ろう
帰らねばならないのだ

強く透明で軟らかく 震えそのもの
透明そのものの世界に 我等を導こう

1987.05.30. 

| 1987年 | 20:44 | TOP↑

≫ EDIT

一寸まって下さい

一寸待って下さい
卵が生まれたのですよ
卵が

そしてヒナ鳥が生まれてくるのですよ
クジャクのヒナ鳥が

その卵は 透明で
そのヒナ鳥も 多分
透明なヒナ鳥だと思いますよ

一寸待って下さい
その話より
透明なヒナ鳥について話しませんか
かわいいヒナ鳥について

1987.05.29.

| 1987年 | 23:04 | TOP↑

≫ EDIT

二千年生きる

神秘は神秘を生んだように
喜びは喜びを生んだ
アンリアルの喜びを

年の天使は 年を生もう
千年の年は
更に千年の年を生んだ

喜びは 透明な喜び
となったように

年の天使は 
年を生んだ
千年 二千年の
透明な年を生んだ

1987.05.25.

| 1987年 | 21:34 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT