FC2ブログ

≫ EDIT

儀式は遊戯性を誘発する

神話は言語なき言語である

すると言語を持たない人間に

アホの顔が出てくる

それは

知識の世界をもたないという知の顔だ


言語でない言語が神話なら

何もかもあるもの 石ころでも

神話である

すると世界は神話に

囲まれているのである

それが響だ!!


神話とは 言語なき言語

連鎖の遊戯性 対話である


ところがその真理なる遊戯性が

いつも人間から忘れさられている故に

それを誘発する為の

「儀式」という言語でもって

自己に言い聞かせる必要がある


人と人が会った時 人と人の関係の中で

「儀式」と心の中でつぶやくのである


すると遊戯性が誘発され(やさしい)行為が

遊戯的に出てくる

このやさしい行為は

孔子のいう やさしさとか親切ではない

遊戯性のあるやさしい行為なのである


儀式という言葉を 常に自分に言い聞かせ 

心の中でつぶやくのだ


なぜなら人間は

永い間の間違った歴史の中で

その遊戯性を失いきっているからである

言語が出来てからそんな悪い人間に 

なりきってしまったのだ


2003.12.22.

| 2003年 | 21:53 | TOP↑

≫ EDIT

透明なる斜めの角度

人が古いよごれたDNA人間から

新しい元々の透明なDNA人間に

なろうと思えば

自我を持って思考する人間を改め

我を………求道する我をなくさねば

ならない


それともう一つは この宇宙のあらゆる

人間的義務を捨て 

更にこの物質宇宙をも

捨てねばならない


例えば 求道を欲する心や

生命を欲する心も

捨てねばならない


又人に対して親切 やさしさ

ヘルプも 気をつかってはならない


すると人は人工的 理性的な

それらでなく

元々の自然な何か良き事

良き行為が自然に出てくる


人に関っている間

人は我れという人から 消える事は

できない


人は人からも離れて

天に意志をつながねばならない

そして天にヘルプするのである


すると 意識は自ずから

斜めの角度をつくるのだ


2005.02.22.

| 2005年 | 10:54 | TOP↑

≫ EDIT

無いものとしてとどまる生命

存在するものは常におびやかされている

天候 食物 生命存在その他

だから「存在しない者」になればそれがなくなる


こんな宇宙はバカげている

こんな宇宙は無いほうがよい

こんな宇宙を消し去る方法がないのだろうか


人間もおびやかされて

バカげた事ばかりしている

戦争 物の取り合い 国の取り合い

バカなのは 人間なのだ 


なぜ神話の中で

生きないのだろうか

生物生命とは違う存在生命がある

その生命でとどまれ

そこには 永遠なる生命がある


なぜなら「無い物」が存在する

その生命 最高だ

生物生命でなくそれで生きよ

そこには永遠がある


生物生命など相手にするな

それにさからうな

「無いもの」の存在生命の翼

それで とべ

とびまわれ 永遠なるものよ

これこそ創造者


自分が創ったこの宇宙に

おびやかされていたとは

何とバカげた事なんだろう


無いものの存在生命よ

とべ


2001.05.14.

| 2001年 | 13:50 | TOP↑

≫ EDIT

甦りの羽ばたきと白紙の舞の啓示

天体の軌道を研究したヨハネ・ケプラーは

キリスト教の牧師であった

ところが彼は同時に数学者であった

彼は次のように言った


至福をあたえたり 罰を与えるような神はない

神というものはそういうものではない

もし神があるならば幾何学が神だ

これは宗教界の闇をてらした 最初の光でないかと思う


このケプラーの影響を受けたのがデカルトである

そしてこの宇宙は幾何学によって出来ていると言った

私もその影響を十分受けている

そして考えみつけたことは 均衡系と非均衡系であり

そこでできる角度によって

運動がおきるという事である


太陽のまわりを星々が動くのも

そのもとにそういう構造があり

その角度によって動いている


いくら太陽に引力があっても

この傾斜がなければ 何も運動は起きない


この宇宙の元にあるものは只簡単な一つのこと 

この角度である

それをインドがみつけている


インドの大昔にリグ・ヴェーダというのがある

そのリグ・ヴェーダに

光が斜めに走った そこから宇宙が生まれたとある


このように角度というのは 非常に大事なものであり

幾何学がこの宇宙の元にあるということだが

数学でわかるのはここまでで

この角度によってどうして宇宙ができるか

という意味は分らない


それらをまとめあげるのに

私が学んだハイデッカー哲学が役立った

ハイデッカーは 

この宇宙には 開きと閉ざしがあるという

そして宇宙の奥に角度がある 

ということは角度というのは 開きということである


ここで開きとは 子供を産む母の

愛情のようなものである

生まれた子供の如何によって

その愛情は左右されない

ここではじめて 幾何学の角度は心の世界に入ってくる

これではじめて 幾何学と心の世界が

結ばれる 


これが私の考えである

もし神があるとするなら幾何学が神である

と同時に神は 開きという意志をもったものである

角度は幾何学の世界で 幾何学の世界に心がある

これが神の意志


我々は角度によってできている 同時に

開きの心によってでている

私というものは この角度であり

この開きの意志である

だから開きをもって どんな人でも受け入れる

必要がある


あらゆる物質も 生命も この角度からできている

鳥が翼を羽ばたかせてとぶ 

ここに幾何学が描かれる

幾何学は生命の元のもの 

そこから自分たちの命ができている


羽を生やして飛ぶことは 幾何学を

描いていくことである

エジプトの昔の物語にそれが言われている


イシス女神の神話である夫を

刀で切られて殺されたイシス女神は

バラバラになった夫の死体の破片をていねいに探し

きちんと並べた


そしてイシス女神は その死体の上で羽を上下に動かした

それによって夫は甦って来た

これはどいうことか


これは 羽ばたきによって

生命が甦るということをいっている

羽ばたきは生命のもとである

幾何学は生命の元だということをいっている


インドも偉大な知恵をもっていた

エジプトはこの秘密を知っていた


この羽ばたきは 生命の元

自分たちの中にある命である

この幾何学はいつも羽ばたいている

今ここでじっとしているあなたたちの命は

世界中に羽ばたいている


私は50年間 このような研究をしてきた

そして終いに 決定的な天の啓示を受けた

終りにふさわしい啓示


それは白い紙が 天から舞い降りて来るのが見えた 

ここに宇宙の秘密の全部が隠されている

ここに幾何学の角度が在る


宇宙は宗教的な難しい説教で出来ているのではない

幾何学によって宇宙が出来ている


宇宙の根本に幾何学がある 

もし神があるとするならこれが神だ

幾何学これが神だ


その時 羽毛の飛んでいるのが見えた

これも同じことを意味している

これは軽くてどこにもひっかかっていない


羽毛の神秘を解き明かすヒントが

エジプトにさらにある

エジプトには 死者の審判という絵がある

その絵にはかりがある 


一方には死んだ人の心臓

死んだ人の心の一切を意味する 

一方に羽がのっている

この心臓と羽が釣り合えば 魂は救われるのだ


宇宙の真理はこれにある

羽毛の軽さが その舞い踊る姿が

命の源である 

人間の 自分たちの本性も

ただこんなものである


エジプトの人はこれを知っていた

エジプトの人の知恵はすばらしかった


2001.06.10.

| 2001年 | 00:26 | TOP↑

≫ EDIT

カバは頭を消し去る

イタリアの神話学者のヴィコは 

詩と神話の大切さを理解しており

神話の発見者といわれるぐらい

神話の大事さを唱えた人である

ヴィコは太古の人類の精神を研究した


一方デカルトも 詩については理解していたが

神話に関することは分らなかった

デカルトは 古い人々のことを学問がないから

考え方も間違っていたと思ったから 少々軽蔑していた


しかしヴィコは その教育を受けていない太古の人々の

持っている感性が すぐれているととらえていた


デカルトはその反対だった 

そこでこの宇宙を現実的に研究していった

そしてデカルトは言った

現実の世界によってつかんでくる知恵によって

未来をつくるのだと

彼は物理学者であり数学者であった


ヴィコはデカルトの考えに反対した

デカルトはヴィコの考えに反対した


ところが良く考えると

ヴィコもデカルトも正しいことを言っている


今我々はそのことを統一する必要がある

現在の世の中はヴィコの世界でなしに 

デカルトの世界になっている 


ところでよく考えるに

やはり知や知識というものも必要である

ところが知識を頭の中に詰め込むと

失敗する 

知識はポケットに入れておくべきである

頭はいつもカラッポにしておくと

知識でとらえることのできない情報が

入ってくる


今は我々のどこの家にも屋根の上に

アンテナをおいている

そのように頭をカラッポにして

宇宙にアンテナをはっていなければならない


だからヴィコという人は

こうしてアンテナをはることを考えた

デカルトはアンテナをもたずに目をもって

この世界に入っていった


ところがそのデカルトも良い事をいっている

知識でこの宇宙を見つけることができるが

知識も数学的知識で

しかしその奥は

数学的知識でとらえることができない

奥は頭でなしに 感覚的な感性でないと

入っていけないと言った


しかしそれには ヴィコのいったエンプティアンテナを

もたねばならない

ヴィコのいうエンプティアンテナは

確かに必要である

しかしもう一つ デカルトのいう知識も必要である


ヴィコもデカルトもそれぞれいいことを言ったが

その奥まで入ることはできなかった


このふたつが一つになって

もっと奥まで入らなければならなかった 

そのもっと奥にいくのに一つの秘密が

必要になってくる


それには賢かったらいけない

故に知識をポケットに入れて 頭をエンプティにする


ところがこれが なかなかなれなかった

50年間ついやしても とことんなれなかった

ところがついになれた

それはカバを拝んだからなのである


それはエジプトがすでに知っていた 

だからエジプトはすばらしかった

エジプトの大昔の人はカバを拝んでいた

カバのことを考えると

自分たちの知識はどこかへいってしまう

カバが我々の助けの神である


エジプトではカバがお産の神になっている

それは命を生むもの

それにはカバがないと産めない


カバの様なこと考えると 頭がどこかへいってしまう

そのカラッポの中から命が生まれる

カラッポにならないと 命が生れてこない

カバが我々の助けの神である


2001.06.10.

| 2001年 | 00:25 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT